今回は、数あるフェレットの中から、

こっこをお迎えした理由についてです。



実は、ペットショップに向かう前に、

いくつかweb上でフェレットをみていました。

そのときに、第一印象でとてもかわいい子を見つけました。

 

僕は、実際にその子をこの目で見てみたいと思い、

ペットショップへと足を運びました。

 

しかし、実際にその子と触れ合うと

あまりこちらに興味を示してはくれませんでした。

店員さんには甘える一方で、僕が手を差し出すと嚙みつきもせずに無視されました。

その子は、確かカナディアンフェレットという種類でした。

フェレットの中では噛み癖が比較的強く、体格のいい種類です。



僕は、フェレットと暮らす上で、噛まれてしまう危険は承知していました。

そのため、あまり気性の粗さでフェレットを選ぶつもりはありませんでした。

しかし、どうにもその子が家に来たそうには見えなかったのです。

 

そこで、店内を改めて見回すと、そこにはベビーフェレットのケージがありました。

その中の一匹が、こっこでした。



続きは、また明日の投稿で!!

にほんブログ村 小動物ブログへ
にほんブログ村


カテゴリー: 日記

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.