記事をみて、参考になった!と思った方は、はてなブックマークを押していただけると大変嬉しいです。


近年、ペットショップではエキゾチックアニマルとよばれる、少し珍しいペットが販売されるようになりました。エキゾチックアニマルとは、人間のパートナーとなるような特殊な動物を指します。エキゾチックアニマルの中には、人間にとても懐く愛らしい動物から、少し飼育が難しいような動物まで幅広くいます。今回の記事では、エキゾチックアニマルの中でも、比較的飼育がしやすいと言われている動物について紹介します。




ハリネズミ

愛らしい見た目とその仕草が話題となって非常に人気の高い動物です。値段は1万円から3万円ほど。種類によって見た目や性格が大きく異なります。ハムスターと種類が似ているように思えますが、飼育難易度は大きく変わります。単独行動を好む性格で、ストレスに非常に弱いです。そのため、環境の変化に大きな影響を受ける傾向にあります。適正温度は24度から29度です。そのため、夏にはクーラー。冬にはヒーターが要されます。また、湿度の多い空気では生きられないので、夏には湿度管理も重要になります。虫等の生餌を食べますが、現在はペットショップ等でハリネズミ専用フードが発売されているそうです。


フェレット

フェレットは、あまり鳴き声を出さず社交的な性格をしている動物です。犬ほど頭はよくありませんが、名前を呼んだらついてくるようになります。種類によっては噛み癖がありますが、長期的なしつけで改善できることもあります。寒さには弱いので冬にはヒーターをつけるか、暖房器具等で室温を調整する必要があります。ペットショップにはフェレットフードがあるため、多くの飼い主はこれを食べさせます。寿命は種類にもよりますが、大体6年から8年と言われています。非常にやんちゃな性格で、一旦離すと部屋の中を駆け回ります。トイレについては、自分の臭いのついた場所にする性格があるので、十分しつけができる動物です。




チンチラ

チンチラはげっ歯目に分類されるモルモット等の仲間です。かわいらしい見た目をしています。元々臆病な性格のため、人間に馴れるのは時間がかかります。しかし、馴れてくると自分の名前を覚えるようになる賢い動物です。夜行性の動物で、生活リズムがしっかりしています。また、特徴的なのは砂浴びといわれる体を洗う行為です。チンチラの毛はラノリンという脂肪物質で守られているために非常にモフモフの毛皮が保たれています。しかし、この物質はどんどん分泌されるために、余分なラノリンを落とすために砂浴びをする必要性があります。


デグ―

デグーは、デグー科に分類される小動物の一種です。元々は山脈付近で暮らしているために、強い脚力を持っています。かじるための小さな木や、回し車などの遊び道具を用意すると、ストレス発散の支えになります。また、人になれる動物でご飯をねだる様子や、自分からすり寄ってくるなどの愛らしい動作を見せてくれます。寿命はおおよそ5年から7年です。ハムスターの平均寿命が約3年ということを考えると約二倍の長さを生きることになります。


エキゾチックアニマルは、見た目が愛らしく、犬や猫にはないような魅力があります。また、鳴き声が小さいことやサイズが小さいことから一人暮らしの方がよくお迎えするペットでもあります。
しかし、十分に注意しなければならないことは、エキゾチックアニマルだからこそ有している難しさがあることです。例えば、病気やけがをしてしまったときには、猫や犬等のメジャーな動物ではないために診てくれる獣医が限られる可能性があります。また、専門書が少ないために、正しいお世話・やってはいけないことがわからないこともあります。
そのため、ペットとしてお迎えする際には、しっかりと面倒を診ることができる金銭的余裕や責任感が必要だと考えられます。






カテゴリー: 紹介