はじめに

こんにちは、筆者のともさんです。

みなさんは、最近、癒されていますか?頑張らないと、やっていけない社会生活。会社では上司に叱られることもあり、家庭でもいざこざがあるかもしれません。ストレスの原因は至る所に溢れています。毎日、ストレスは徐々に溜まっていき、爆発しそうになることもあるかと思います。

ストレスの発散方法は人それぞれです。趣味に時間を使ってリフレッシュする人もいれば、お酒を飲んで忘れようとする人もいるかもしれません。どのような方法であれ、精神を安定させるための息抜きを探すのは、重要なことかと思います。

ちなみに、筆者の私が提案する最高のストレス解消方法は、猫カフェで癒されることです。会社や家庭で、どれだけ嫌なことがあったとしても、自由に動き回る猫ちゃんを愛でることで、次の日を頑張ることができます。何にも縛られない猫ちゃんは、次をいきるためのエネルギーを与えてくれます。

しかし、「猫カフェって、結局どういう場所なの?」「猫見て、何が面白いの?」との疑問をいただくことがあります。確かに、猫カフェの楽しみ方は様々ですが、具体的な楽しみ方は、実際に足を運んでみないとわからないかと思います。

そこで、今回の記事は猫カフェの楽しみ方を、猫カフェ好きの筆者が解説していきたいと思います。




1. 眺めて楽しむ!

猫カフェでは、猫ちゃん達が悠々自適な生活を送っています。基本的に、猫ちゃんは、お客さんが来たとしても媚びを売って近づいてきたりすることはありません。あくまでも、自由に、彼らの時間を過ごしています。そのため、猫カフェでは、猫ちゃんたちを眺めることも一つの楽しみ方となります。

眺めるだけで楽しいの?とも言われますが、それだけでも癒されます。猫ちゃんを飼っていない人は、猫ちゃんのいる空間を楽しむことができますし、既に猫ちゃんを飼われている方も、普段とは違った触れ合いを楽しむことができるはずです。

1匹でぼーっとしている猫ちゃんから、友達同士でごろごろしている猫ちゃんまで。彼らだけの時間を、思うがままに過ごしています。鬱屈した日々から抜け出し、のびのびとした生き物を眺めましょう。

眺めるだけでも、絶対に楽しめるはずです。

 

眺めるタイプの猫カフェ:

【キャットアパートメントコーヒー】

アイドル猫たちと会える京都の超人気猫カフェ。基本的にだっこやお触りは禁止。自分からお膝に乗ってきたときのみ触っていいという制限があり、眺めることがメインとなります。ほとんど触れ合えない猫カフェであるにもかかわらずリピーターやファンは多いです。


2. 実際に触れ合って楽しむ!

猫カフェの醍醐味は、やはりなんといっても、触れ合うことです。実際に猫ちゃんの体をそっとなでたり、抱っこしたりすることができます。ふわふわ、もふもふ、触った質感は、猫ちゃんごとに個性があります。わんちゃんとは違って、あまり触られることが大好きな動物というわけではないかもしれませんが、優しくそっと撫でてあげると、「しょうがないなあ」と気を許してくれることもあるかもしれません。

猫ちゃんの動きは、あまり読めません。同じ猫ちゃんだったとしても、向こうから寄ってきてくれることもありますし、こちらから近づくと避けられることもあります。気分屋な動物ですが、そこもまたかわいいところです。その日その日の猫ちゃんの気持ちに合わせて触れ合いましょう。

また、店舗によっては、追加でおやつを販売しているところもあります。猫ちゃんたちは、おやつに興味津々。どんどん気を引くことができます。おもちゃにあまり興味がない子たちも、ご飯になると気は変わります。あまり、値段は高くはないことが多いので、一度試してみてはいかがですか?




 

 


3. 写真を撮って楽しむ!

猫カフェで過ごした思い出は、日常とは切り離された異空間です。しかし、かわいい猫ちゃんの写真は、いつまでも残したいですよね。そこで、写真を撮るという楽しみ方があります。写真の撮り方はひとそれぞれです。

スマートフォンのカメラで撮影しても、1眼レフのカメラで撮影してもよいと思います。カジュアルに思い出だけを取りたい人はスマートフォンで十分です。筆者のともさんは、猫ちゃんの毛並みのふわふわ感や、もふもふ感を何とか表現したかったので、1眼レフカメラを使っています。

なんといっても楽しんで撮ることが大事なので、あまりカメラは関係ありませんが、もし、見たそのままを再現したい方や、自分なりに表現してみたいという方には1眼レフはおすすめです。

 

 

撮影した写真は、データとして撮っておくこともできますが、自分だけのフォトブックを作ることもできます。業者によって値段や品質は異なりますが、実際に本に印刷されると感動も大きいかと思います。筆者はまだ作ってはいないので、猫カフェの写真が増えてきたら検討しようと思っています!

1冊あたり、300円~3000円の価格帯となっています。安いフォトブックほど質が悪いというわけではありませんが、高価格のフォトブックは、それなりの品質が担保されていることが多いかと思われます。自分の目的や予算に応じて、フォトブックを作成してもよいかもしれません。


4. “推し”の猫を決めて楽しむ!

“推し猫”とは、自分が一推しの猫ちゃんのことを言います。猫カフェには、たくさんの種類の猫ちゃんがいます。もちろん、まんべんなく愛情を注ぐのも一つの楽しみ方ではありますが、"推し"の猫ちゃんを決めて、その子に時間やお金をかけてかわいがるのも、非常に楽しいと思います。

“推し猫”の決め方は、非常に自由です。シンプルにかわいいと思って一目ぼれした猫ちゃんでもよいですし、自分に寄ってきてなついてくれた猫ちゃんでもよいかもしれません。自分の中で決めるルールのようなものですので、"推し猫"を変えるも、頑なに貫くのも自由です。

筆者の”推し猫”は猫カフェMOCHA河原町店のトトロ君です。エキゾチックショートヘアの男の子で、ふわふわもふもふの毛と、のっそりとした歩き方が特徴的な猫ちゃんです。MOCHAの猫ちゃんたちはどの子も可愛いですが、この子は雰囲気が他の猫ちゃんとは異なる気がしています。

 

MOCHAでは、100円で買えるおやつ等のサービスがありますが、筆者はこのおやつを真っ先にトトロ君にあげます。他の猫ちゃん達もおやつ目指して膝に乗ってきますが、”推し猫”が最優先です!気づけば、カメラの中もトトロ君の写真ばかりです。

アイドルの追っかけには、お金がいくらあっても足りませんが、猫ちゃんであれば限度があります。そういえば、あの子に会いたいな、と思って猫カフェにいくのは非常に楽しいですよ!



 

【MOCHA】

全国14店舗で展開される猫カフェの大手です。普段家では見かけないような猫ちゃんもみることができます。室内にはおもちゃや、有料のおやつが提供されています。また、店員さんに500円のおやつを頼むと、店内のほとんどの猫から注目を浴びることができます。困ったら、ここ。というオススメの猫カフェです。


 

5. おわりに~楽しんだもんがち~

いかがでしたでしょうか。当記事では、猫カフェの楽しみ方についてご紹介してきました。「猫カフェって楽しいの?」と疑問に思っている方は、まずは一度訪れてみてはいかがでしょうか?

色々楽しみ方をご紹介してきましたが、実際のところ楽しんだものがちです。猫カフェは自由な猫ちゃん達を愛でる場所であり、触れ合う私たちも自由です。もちろん、猫カフェの方針によっては、お触り自体が禁止なこともあります。猫カフェのルールの中で、最大限にエンジョイしましょう!

この記事が皆様の、猫カフェライフをよりよくするものとなればうれしいです!






カテゴリー: cats_caffee