睡眠時間と生活リズム

フェレットは1日の大半を寝て過ごす動物です。若いころは起きている時間が長いらしいですが、年を取るにつれて段々と睡眠時間が長くなります。一般的には、睡眠時間は18~20時間といわれているようです。

また、フェレットは夜行性のためお昼の間に寝ています。その後、たっぷり睡眠をとり夜に活動を開始します。とはいっても、飼育するにつれてフェレットも自然と人間の生活リズムに合わせてくるようになります。

フェレットの睡眠が不足すると以下のような症状が起こります。

  • インスリノーマやリンパ腫などの病気への抵抗力低下
  • ストレスからくる性格の狂暴化

人間よりも必要とされる睡眠時間は多いので、フェレットの睡眠を妨害してしまうと悪い症状が現れる危険性があります。そのため、寝ている時はそっとしておいてあげましょう。

もぐれるベッドタイプハンモック    Outfun ハンモック


あくび

あくびは、脳に刺激を与えることで、吸い込んだ酸素を血液を体内に回す役割を持っています。フェレットは眠っている時間が長いため、頻繁にあくびをして血液を循環させます。また、あくびは気持ちがいいときや緊張している時にもするようです。そのため、首のあたりをマッサージするとあくびを何度もしたりします。

いかがでしたでしょうか。人間と同じで、睡眠不足は健康の大きな敵になるはずです。フェレットが気持ちよく寝られるような環境を整えてあげましょう。遊ぶときはいっぱい遊び、それ以外の時間はゆっくり休ませてあげることで、十分な睡眠をとらせるようにこころがけましょう。


カテゴリー: 習性・性質