←←←【フェレット画像集・前編】はこちら

 


フェレットとヒトのつながり

 

フェレットと人間が

かかわりだしたのはいつからか知っていますか?

実は、ギリシア時代からという説もあります。

アリストテレスという哲学者は、

 

野生のイタチと人間が飼育しているフェレットを、

彼の書いた学術誌である『動物誌』で区分していました。

 

ギリシア時代は今から2000年以上も前の

紀元前の時代です。

 

つまり、それほど前から

今のフェレット達の祖先は、

人とともに生活していたこととなります。

 

フェレットと人間のかかわりが

非常に長いんですね。

 

 

昔の人たちも、

かわいいフェレットたちの姿を見て

癒されていたのでしょうか。

 

そう考えると、

少し親近感がわいてきますよね。

 

時代が変わっても

フェレットの可愛さは同じです!

 

 

フェレットと人間が

これからもずっと仲良く暮らしていけると

いいですよね。

 


平成から令和へ

 

平成から令和へと変わっても、

フェレット達には、

そんなことはどうでもいいのでしょう。

 

令和に変わって大喜びしている

私たちをみて、

いぶかしげな表情をしています。

 

フェレットたちにとっては、

元号が変わるよりも、

美味しいごはんの方が大事なのでしょう。

 

 

おもちゃで遊ぶ姿も、

お風呂を嫌がる仕草も、

何もかも平成と令和で変わることはありません。

 

いつも通りのフェレット達は

いつも通りに過ごしています。

 


フェレットとごはん

 

フェレットフ―ドは、

飼い主さんによって異なります。

 

栄養のバランスを考える人もいれば、

フードの値段を考える人もいます。

 

栄養満点のフードは、

フェレット達の健康にとって

非常に重要です。

 

自分自身も、

どれをフードに選ぶかは非常に迷いました。

 

 

人間でもそうですが、

食べるものと飲むものが、

生物の体を作り出します。

 

そのため、口に入れるものは

非常に重要になると思われます。

 

健康に長生きさせてあげるために、

ごはんは大事ですね。

 

 

フードの種類には、

カリカリとふやかしの二つがあります。

 

カリカリとは、一般にイメージされるような

キャットフードやドッグフードの見た目をしています。

 

フェレットがフードを食べる音は、

カリカリと耳に心地よいです。

 

目を向けなくても、

『あ、ご飯食べてくれてる!』

音だけでわかります。

 

また、ふやかしは、

ベビーの時によく気に入ります。

 

ただ、大人になったとしても

ふやかしが好きな子たちもいるみたいですよ。


おわりに

 

いかがでしたでしょうか。

 

今回は前編・後編に分けて、

フェレットの画像を大特集しました。

 

200枚以上の写真をできる限り

ピックアップして紹介していきましたが、

お飼いになっているフェレットちゃんは

出てきましたでしょうか?

 

令和になっても、

フェレットのこっこと、

ともさんを、

よろしくお願いします!


カテゴリー: gallery