こんにちは、かりんたんです。

お正月も過ぎ、次は節分とお店のレイアウトが変わりましたねー。

さて前回、フェレットあるある①を執筆させて頂きました!!

フェレットあるある①はこちら↓↓↓

フェレットあるある①

 

今回はフェレットあるある②〜かりんたんの子あるある〜

を書いていきたいと思います。

それでは早速いってみましょう。

 



 

その①ゴハンホリホリ

これはもしかしたら、

うちの子以外にも多数いるかもしれませんが 笑

最初この行為を見た時、

ご飯が気に入らないのかと心配になったものです

 

実際は遊んでいるor外に出して食べやすくしているんですね〜。

片付ける人間からすると少し困っちゃう行為ですが、

可愛いから許しちゃうんですよね。

 

その②おてて連れ去り事件

これは先代の来蘭(らら)がよくしました。

具体的に言い表しますと、

飼い主の手の甲を咥えて

自分のおもちゃの隠し場所に連れて行こうとするんですね。

 

これは自分のコレクションを見せてあげる!と主張しているか、

飼い主もコレクションにするぞ!という意味だそうです。

この意味を知ったとき、可愛すぎて鼻血が出るかと思いました 笑

 

その③泣き虫女

やたらと鳴く子。

ブツブツと独り言のように鳴いてみたり、

ちょっかいを出して楽しくなったのか鳴いてみたり、

対フェレットに対して噛まれてもないのに鳴いてみたり。

 

昨年虹の橋を渡った桃が泣き虫女でした。

翡翠も少し泣き虫男かも…。

 

また、桃は耳が先天的に聞こえない子だったので

自分が声を出している自覚が無かったのかもしれませんが、

あまり鳴かないフェレットが

沢山声を聞かせてくれるのは嬉しかったです。

 

 

話が少しそれますが過去、

ソファの下に潜った桃を待ち伏せして、

出てきた瞬間に「わっ!」と驚かした所、

キャアッ!!!と人間顔負けの大きな声で驚いていました

(その後、たいへんご立腹のようで

暫くシュ〜ゥイッ!!という威嚇が止まりませんでした 汗)



 

その④あざといたち

世の中に居る動物はみんな、可愛いです。

しかし、この中でも自分の可愛さを

知っているかのようにあざとい子もいます…

 

我が家では実家の先代、

琥珀と現在活躍中の翡翠があざといたち。

 

やつらは自分の可愛さを知っています。

なのでケージの中からもうアピールします。

ゴロンとお腹を見せてくねってみたり、

ジーッとこちらを見ながら首を傾げてみたり…。

ケージから出しちゃいますよね 笑

 

結果、この子達の作戦勝ちです。

出すと先程のしおらしさは何処へ、

やんちゃいたちへと変わります。

 

その⑤ヘアボールリリーフで豹変

実家の子全員に出る反応です。

普通のバイトではならないのに、

ヘアボールリリーフでは何故か顔を歪めながら舐めます。

 

美味しくないのかな?とも思いましたが、

舐めるのをやめることはありません。

寧ろ欲しがります…。でも顔がひどい!!笑

この表情が謎で、こうなる子が他にいないかと

いろんな方法で検索をかけますがまったくHITしません。

 

是非、うちの子なるよって方はお声がけを 笑

どれもその行動をする度、

また始まったよって家族との会話の話題になりますので、

家族とのコミュニケーションにもなりました。

以上、うちの子あるあるでしたー!



この記事を書いていただいたのは、

ペッターのかりんたんです!

かりんたんさんのペッター記事はこちら!