どうも、かりんたんです!

今回はフェレットさんの一生について 綴っていこうと思います。

フェレットは本来、夜行性の動物ですが

人間の生活にあわせ起きたり寝たりするようになります。

…というより、一日の殆どが眠っているのですがっ。



そんなフェレットさん。 日本では原則、繁殖はできません。

では何処からやってくるのか?

正解は海外から飛行機で遥々と日本へやってきます

ファームにもよりますが、 だいたい齢1ヶ月〜2ヶ月程で日本にやってきます。

そこからペットショップへ。

中にはわざわざペットショップオーナーが

フェレットを選定に伺うショップも有るそうです。

 そして、運命の出会いによって

導かれた飼い主さんの元へとやってきます。

いっぱい遊んでもらって、 愛情をもらって、 可愛がってもらえて。



やがて5歳程になると行動に落ち着きが見えます。

幼かった時のように体力は無いので、

睡眠時間が更に伸びます。

私の経験では、この位になると

どの子でも膝で眠ってくれる可能性が高くなります(それがまた可愛い)

同時に病気という恐れているものがチラつきます。

だけれども、病気になってから適切な治療を定期的に受けると、

フェレットさんは健康なフェレットさん並に

長生きすることができるのでご安心ください。

※例外としては悪性リンパ腫 等です。



やがて愛情を沢山注がれ幸せいっぱいのフェレットは

人の心を癒すという役目を終え、

虹の橋へと向かうことになります。

 

平均寿命4歳から7歳。 私、かりんたん

今年の5月に7歳の最愛の子を虹の橋へとお見送りしました。

私には、フェレットの一生はとても短いように感じます。

なのでその短い時間にも沢山凝縮した愛情を

私たちもフェレットに与えることで

命をまっとうするのだと感じます。

 

是非、今飼われているフェレットさんに

沢山の愛情を注いであげてほしいとお伝えしたく、

フェレットの一生を 簡単にですが綴ってみたのでした。

 

以上、かりんたんでした。